千葉で見られた葬儀

日本全国各地で葬儀というのは行われますが、それぞれの地域で葬儀の内容は少し異なるというのをご存知でしょうか?最近では自宅では葬儀ができなかったり、現実的な原因で昔ながらの風習を続けられないということもあります。

しかし千葉では、もちろん千葉の各地域によって異なるのですが、いくつか他県とは異なる千葉ならではの風習も見られます。

どんな風習かといえば、まず通夜式を親族のみで行い、翌日火葬、そして一般会葬者を招く告別式を執り行うという前火葬です。

この前火葬というのは最近ではあまり見られないので経験したことのある人は少ないかもしれませんが、前火葬をする地域では、火葬をしている時間帯に一般の参列者がお寺や式場で焼香をする様になっています。

最期のお別れのタイミングが少し異なっているということです。

火葬する前にお酒をお供えする地域もあります。

その他、通夜式は今の様に一、二時間で終わらせるのではなく、通夜の日はその字の通り、夜通し故人を弔うという夜伽の風習もあります。

何をするのかといえば、故人の側で思い出話などをしながら、ろうそくやお線香の火を絶やさず過ごすというものです。

遺族や近しい人で行い、ご近所の人が夜伽見舞いといって食事を持ち寄ることもあります。

最近では自宅で葬儀をすることができないケースが多く、斎場を利用する場合は夜伽が防災上禁止されていることもあってしづらくなっています。

千葉の葬儀では、通夜式後の告別式前に火葬をする前火葬、通夜式を翌朝まで終わらせない夜伽という風習がありました。

◇関連ページ–>(URL:http://nyuef2015.org/