千葉でする葬儀の費用

昔ながらの千葉の葬儀は豪華にすることで十分な弔いができるという考えがあり、割と派手な葬儀が多かった様です。

親戚付き合いが多く、ご近所との繋がりが深いなど、今の様に地域や近所付き合いが減りつつある社会とは少し違ったことも関係あるでしょう。

今は葬儀の考え方としてできるだけシンプルに簡単に済ませるという考えも増えています。

最近では故人自身がどんな葬儀をしてほしいかという意思を残すことも増えていて、残された家族に迷惑をかけない様に家族葬などの簡素化した葬儀を希望することもあります。

●記事ピックアップ→親が元気なうちに聞きたい!「終活のホンネ」|東洋経済オンライン

そんな傾向にあることから、各葬儀社では低価格でできる格安のプランを用意している所も増えています。

葬儀だけをする最もシンプルな火葬式、家族だけで行う家族葬であれば、やはり費用はあまり掛からず、一般の会葬者を招く一般葬であっても複数のプランから選択することができます。

火葬式の費用に主に含まれるものは、寝台車、枕飾り、ドライアイス、棺、棺用布団、仏衣、納棺、火葬、手続代行、骨壷、葬儀社人件費になります。

通夜式をしない一日葬にする場合はこれに遺影写真、生花祭壇、式場使用料、司会人件費、会葬礼状•返礼品代などになります。

家族葬の場合は、一日葬と同様になります。

一般葬の場合は、式場の利用料や人件費などが二日分かかると考えるといいでしょう。

千葉でする葬儀では、火葬式、一日葬、家族葬というシンプルで低価格なものや、一般葬でも格安なプランから選ぶこともできます。